速読【フォーカス・リーディング】の勉強を始めました

その他

「もっと早く本が読めたらな~」
って思うことってないですか?

特に「これ読みたい!」と思って
買った本が読めていないときに
思いますよね;;

なんだかお金をムダにしちゃった気に
なりませんか?

それとは逆に、
1ヶ月に何十冊という本を読む
社長さんの話を聞いたりすると、
一体何が違うんだろう?って
思いますよね。

ほんと、一体何が違うんだろう…

社長さんなんて、
主婦の私なんかよりもずっと忙しい
と思うんだけど…

いや暇にしても何十冊って…

ってずっと思ってました。

その違いってね、
【速読】っていう技術を持っているかどうか、
だったんです。

↓↓↓
どんな速読技術なのか見てみる

速読技術【フォーカス・リーディング】ってどういうもの?

【速読】っていうものはね、
昔から知ってはいたんです。

でもただただ早く読めるだけ、っていう
認識でした。

「1冊10分で読めるんだ~
 すごいな~
 でも内容頭に残らなそうだな~」

って、
あんまりいいイメージ持ってません
でした。

というよりイメージ悪いですね^^;

でも私が知った速読技術
フォーカス・リーディング】は、

「フォーカスを明確にした速読メソッド」

だったんです。

ただただ早く読むことが目的なのではなく、
TPOに応じて、
何をどう読むかを設定する技術なんですね。

内容をざっくり知りたいだけ、
ストーリーがわかりさえすればいい、
重要な本だからきっちり覚えておきたい。

読む本によって知りたい内容や質は
違いますよね?

でもどうやったら読み分けられるかなんて
わからないんですよ。

ほら、日本て学校で本の読み方なんて
習わないでしょ?

小学校で本を読むのって、
授業で音読するか読書感想文を書くとき
くらいかな?

好きな子は伝記とか読みますよね。

でもアメリカでは小学校のうちから
本の読み方や活用の仕方を教えられる
んですよ。

なんなんでしょうね、この違い;;

羨ましい。。

私が今勉強しているこの
フォーカス・リーディング】は、
日本で始めて大学で採用されたもので、
なんと、

習得率98%!

すごい、希望が持てる数字なんです
(¯▽¯٥)

↓↓↓
習得率98%の速読技術を見てみる

読書はスポーツ?

読書とスポーツ、
何やら正反対なイメージですよね。

同義語には思えないです。

この【フォーカス・リーディング】を書いた
寺田先生はこうおっしゃってるんです。

「速読はスポーツと同じ。
 練習すれば誰でもできるようになる」

ようするに、
能力ではなく技術なんですね。

特別な人だけができるものじゃないん
ですね。

ちょっと安心しましたε-(´∀`*)ホッ

↓↓↓
練習すれば誰でもできるようになる
【フォーカス・リーディング】を見てみる

さいごに

私1字1字きっちり読んでしまって、
1冊読み終えるのにかなり時間が
かかっちゃうんですよね。

でも勉強のために読みたい本、
興味があって読みたい本はてんこ盛り。

全く手を付けられていない本が30冊
近く…(〃∇〃)

1冊読むのにすごい時間がかかる
→ビジネス書は読むのが始めて
→文庫よりも時間がかかるだろう
→スキマ時間に読み続けて
どれくらいで読み終わるんだろう…

って思ってしまうので、
腰も重くなっちゃうわけです。

なので、
重い腰を上げてやっとこさ読み始めても
なかなか進まず中断してしまう、の
繰り返し(´Д`)ハァ…

これはもう速読しかない、と思って
色々な速読の方法を調べて
フォーカス・リーディング】に
たどり着いたんですね。

まとまって読める時間がなかなか
作れないのでまだやっとこさ第二講を
読み始めたばかりなんですけど、
目次を見るとトレーニングという項目が
いっぱい。

練習すれば誰でもできるという
言葉通りなんだなって。

習得率98%を信じて練習したいと
思います(∩´∀`)∩ワーイ

また進展状況レポしますヽ(=´▽`=)ノ

残りの2%に入りませんように(笑)

↓↓↓
【フォーカス・リーディング】を
見てみる

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました